ぜんまい軍曹の銀で作るガンダム制作戦記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Hand_006

毎度。


「手」の最後のパーツ、手首の制作。
4mm丸棒と板材を用意。


丸棒からボールを削りだして、板材にロウ付け。


手首の切れ込みに差し込む。


ハイ、可動・・・って、
完成した手首パーツを付け忘れて写真撮っちゃった・・・

と、とりあえず、これでようやく上半身が完成。
(ランドセルとかまだだけど。)
次回から下半身にとりかかる。

kogoro君がプラモ屋のこと言ってたのでちょっと便乗を。
俺が育ったのは大阪と京都の県境。
大阪なのに、なぜか市外局番が京都番号(075)なんだけど、
自転車に乗ればすぐ長岡京市に位置する町だったので、
今ではすっかり有名になった初期のボークスへ足繁く通った。
当時は今みたいに支店はなく、多分長岡京店だけだったと思う。

空前のガンプラブームとかスターウォーズブームもあってか、
近辺の小/中学生達の溜まり場みたいな感じになってて、
買えるはずもない1/60ガンダムとか、
雑誌表紙を飾ったドムを「スッゲ~」とか言いながら見てたわけ。
店内に飾られてる作例がケタ違いで、
バイトの兄ちゃんが改造の手ほどきしてくれるので、
話聞いてるだけでも結構楽しく、一日中いても飽きなかったな。

今ではすっかり風変わりしちゃって、
昭和のプラモ屋風情がなくなってしまったので、
支店含めてほとんど行かなくなっちゃったけど、
やっぱり一番は当時のボークスかな。

今、ヨドカメ等のおもちゃ売り場に行けば、
企業努力もあってか、在庫切れとかほとんどないように思う。
たった一個のプラモを買うために朝早くから並んだり、
本当は欲しくもないプラモとの抱き合わせ品の
購入を無理強いさせられたり・・・、思い返せば懐かしいなぁ。

キミは、生き延びることができるか
スポンサーサイト
  1. 2009/07/08(水) 18:00:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Hand_005

毎度。
梅雨なのに毎日暑ちィね。

とうとうこの機械買っちゃった~。 ただ今勉強中。



親指の付け根の制作。


ボールジョイントで可動させればスムーズに動くけど、
流石にこのサイズにポリパーツを刻むのは無理なので、
1軸可動にした。


大体パーツが出来上がった。


完成した親指付け根を手のひらへロウ付け。


こんな感じで組み立て。


親指付け根を大きくしたのは、
指の蝶番強化のためと、武器を持たせるときのホールドの為。
08陸ガンの手の平にある火気デバイスの
インターフェイス部分みたいな役割をイメージ。
実際に親指の可動軸はライフル/サーベルに差し込めるようにする。
さぁ、残すは手首だッ!


新刊が出てたので購入。
浦沢の新刊「ビリーバット」の包装封が切られていないのは、
奥さんも同じ日にちゃっかり買っていて、
かぶっちゃってたから・・・orz
なぞがなぞを呼ぶストーリーで今後の展開に期待。
ところで、ケヴィンが出会ったあの漫画家先生って宮崎?
あっ、プルートゥも買ったんだった。

キミは、生き延びることができるか
  1. 2009/06/27(土) 02:35:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Hand_004

毎度。
現在、指制作中。


指の長さを整えて面出し中。


可動部分にパイプをロウ付け。


こんな感じ。
人差し指から小指にかけて長さ/幅を変えておいた。
手って、表情が現れるところだから結構難しい・・・


今夏の「ミラノ・スカラ座」だけでなく、
「ピッコロ・テアトロ」も日本公演!
http://www.piccoloteatro.org/
演目は、若い時にオレも手がけた装置の一つ、「アルレッキーノ」。
懐かしいなぁ~。



Abruzzoの地震復興チャリティーの一つ。
タイトルは「Domani 明日へ」。
地震後2週間で60人弱のアーティストを集めて
レコーディングしたとのこと。
個人的お気にの「Ligabue」、「Piero Pelu」も参加してる。
しわがれた声は健在。カッコイイわ。

キミは、生き延びることができるか
  1. 2009/06/19(金) 15:08:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Hand_003

ガンダム大地に立ってた!


昨晩深夜、友人と見切り発車で見てきたよ。
まさか、生きてるウチに1/1のガンダムを見れるとは夢にも思ってなかった・・・。
マジ感無量。
公園の外灯の中、ひっそりと立つガンダムに神々しささえ感じ、
そのデカさは分かってたとはいえ、やっぱりデカかった。
Bパーツだけでもこのデカさ。
向こうの方に、チラっと肩とかAパーツとかも見えたんだけど、
全身完成した暁には、リアル「ワンダと巨像」じゃん。
ジオンの兵隊達、よくこんなのにワッパで立ち向かったな・・・


よくイベント会場とかで見られるハリボテな感じでなく、
ちゃんと質量を感じられる「作り」に関心。
建設業者の告知看板みて納得したんだけど、施工は、「乃村工藝」。
舞台の大道具制作では日本一有名な工芸会社。
少し前にFRPで装甲を作ってる映像を見たんだけど、
あれが乃村の工房だったのね。まるでモビルスーツ工場みたいになってた。
タダでもいいから臨時工員で雇って欲しいわ。

とにかくボトムズ以来、久しぶりにデカいロボットを見たので、
ちょっとテンション上がっちゃった。


テンション上がれども、
あまりの小ささに泣けてくる・・・orz


角棒をひたすら曲げて指製作中。
第一/二関節の可動はオミット。
付け根の可動は何とか再現したい。

キミは、生き延びることができるか
  1. 2009/06/03(水) 18:57:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Hand_002

毎度。

続いて手の平の制作。


箱組みでこんなパーツを作っておく。


それを分割。


手の甲にすっぽり納まるよう調整。


手首も可動させたいので、
そのあたりの細工もちょこちょこっと。


部分的にロウ付け。


まだ形が見えてこないので、
なかなかモチベーション上がらない・・・

先週はずっと親指の関節を考えてたんだけど、
なかなかいいアイデアが浮かばない。
小さな所にたくさんのパーツが詰め込まれてて、
可動までさせなきゃならないので、
結構ココは考えどころかな。
とにかく次回から指でも作ってみる。

あ~、1/1ガンダム見てぇ~

キミは、生き延びることができるか
  1. 2009/05/24(日) 10:39:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Hand_001

毎度。
世間はGW真っ只中だけど、
GW? 何それ? って感じ。


先週、子供を保育園に送る用の自転車を購入。
今の「ビアンキ(伊)」とか、リアル「3丁目の夕日」な我が家の概観に合わないので、↑にした。
「ツノダ」社製。オレが生まれた40年代は既に現代風の自転車だったので、
多分30年代製。ウチの奥さんは「大戦前?」とか言ってたけどwww、多分それはない。

嬉しいのは、ほぼ全てのエンブレムとか外装パーツがオリジナル製なこと。
表記もアルファベットで媚びずに「ツノダの自転車」とカタカナ。
微妙にリムとタイヤのサイズが違うことと、ダイナモが断線してることくらい。

ちょっとメンテして、近所を走ってみたけど、
過ぎた時間相応のくたびれ感が非常に「オールウェイズ」な感じ。
問題は子供をどこに乗せるかだ・・・


今回から「手」。
まずは手の甲の部分から。


サクっとブロックの削りだしで・・・と思ったけど、
少しでも軽量したいので、箱組みで。


とりあえずこんな感じ。
手の平は小さいくせに可動箇所が多いので現在どう組むか悩み中。

キミは、生き延びることができるか
  1. 2009/05/06(水) 06:55:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
胸部 (37)
その他 (29)
コアファイター (22)
GUNDAM (10)
肩 (8)
頭部 (16)
脚部 (90)
腰 (19)
腕 (14)
手 (6)
Foot (1)
back_pack (7)
ビームライフル (4)
シールド (5)

プロフィール

ぜんまい軍曹

Author:ぜんまい軍曹

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。