ぜんまい軍曹の銀で作るガンダム制作戦記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Arm_014

毎度。


完成したマイナスモールド。


上腕へロウ付け。


インナーフレームに装着していく。


こんな感じ。
思ったより関節は硬いので、武器の保持も出来そうかな。


次は手だな。


アニメ化決定!!
キミは、生き延びることができるか


スポンサーサイト
  1. 2009/04/25(土) 22:24:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Arm_013

毎度。

「MG グフVer.2.0」発売決定!


ということで、サクっとグフでも。
HDRの空が写りこみ過ぎて、
ノーマルグフっぽいけど、
一応大好きなグフカスタム。もちろんノリス機のヤツ。


上腕の丸くくり貫いた部分に合うようなパイプを用意。


輪切り後、絞って、ふたも切り出す。


まぁ、こんな感じに。
マイナスモールドは、一度アンクルアーマーで作ったので、
特に目新しい作業ではなかった。


裏からロウ付けして、


ハイ完成。

キミは、生き延びることができるか
  1. 2009/03/25(水) 23:52:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Arm_012

毎度。
花粉三昧な毎日だけど、
目鼻が鈍感な為、まったく実感がわかない今日この頃。


久しぶりにおもちゃ買っちゃった。
変形はパーツがもげそうでまだ試せない・・・
VF25プラモ用のスーパーパーツも欲しい。


腕の外装は完成したので、面取り中。
続いて上腕のマイナスモールドに取り掛かる予定。


<長崎市議>「軍艦島」一般公開に向け視察とか。
子供の時に見た公共広告機構のCMは衝撃だったなぁ・・・

↑コレ。
昔書いた鹿児島刑務所のエントリーもそうだけど、
廃墟ってなぜか惹かれる。
いや、廃墟マニアってほどでもないんだけどね。

http://www.gunkanjima.com/
↑そして軍艦島のHP。
なぜかサイバーな作りなんだけど、
廃墟な舞台とマッチしててめちゃくちゃかっこいい。

キミは、生き延びることができるか
  1. 2009/03/19(木) 06:16:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Arm_011

毎度。

無事に子供も生まれて一安心。
区役所に出生届けを出しに行ったら、
人名漢字じゃなかったために受理されなかったので、
妻と相談の上、同画数の近い形状の漢字で茶を濁した。
全てにおいて茶を濁す人生にならなければいいけど・・・

本サイト経由でメールくださった方、ありがと。
この場をお借りしてお礼申し上げます。
昨年辺りからスパムが多いので、
コメント機能を拒否ってます。


インナーフレームを保持する為の加工。
外装とフレームのサイズが違うので、
こんな感じにしておかないと、フレームがガタつく。


こんな感じで串刺ししてく。

まだ連日バタバタしてるけど、
時間を見て、コチラの作業をはかどらせたいと熱望中。


先日、舞台の仕事をしていたときの親方より連絡アリ。
何でも今夏のスカラ座来日公演の美術指揮でやってくるとのこと。
通訳を頼まれたけど、時間ないのでムリっぽいです。
でもチケットだけは頂戴。一番高いヤツを。

公演は「アイーダ」(ゼッフィレッリのヤツ)。
残念ながらオレが渡伊していた頃のものではないけど、
あの彫刻群はホントすばらしい。
修復作業あんなら道具担いですぐに向かうのでヨロシク。

キミは、生き延びることができるか
  1. 2009/03/08(日) 06:18:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Arm_010

毎度。

突然だけど、
↓初めて見た時からトスカーナ?と思ってたんだけど・・・


公式サイト見たら、
やっぱり撮影はトスカーナだった。


郊外に出れば、本当にこんな丘陵地帯が続く景色で、
行けども行けども景色変わらず。
もちろん当時はアコードなどには乗ってなかったけど。
でも、延々と続くこんな道を良く走ってたなぁ・・・
時には羊の群れの横断に横切られたり。
夏も景色最高で、今でも良い思いでの一つだったりするのだ。

CMはコチラから。




ひじ関節の制作。


3.1mm丸棒と板材の組み合わせ。
上手くポリキャップが隠れるような感じにしたい。


1個完成。
こんな感じのものを2個作る予定。

キミは、生き延びることができるか
  1. 2009/02/23(月) 02:19:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Arm_009

毎度、お久しぶり。

今月はウチの奥さんが臨月全開で超バタバタ。
次の展示会も決まりそうなんで、
そちらの準備もそろそろ始めないと・・・
なかなか時間が取れないけど、細々と制作してます。



上腕はひとまず置いておいて、
下腕の箱組みに取り掛かる。
「巻き」で作らず、手抜きの「L時」組みで。


まぁ、こっちの方が内径サイズを読みやすいので。
後々のロウ目が厄介なんだけどね。


上腕同様、切れ込みを入れて強引に絞る。


とりあえずサクっとヤスってみて、
プロポーションをチェック。

MG「Gアーマー」の箱絵、スゲぇ。
ちゃんとスレッガーとセイラさんまで描かれてる!

キミは、生き延びることができるか
  1. 2009/02/15(日) 04:46:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Arm_008

毎度。
毎日寒みィね。
作業場は、ガスバーナーやら暖房で暖かいから
一層出不精に拍車がかかる今日この頃。


ヒジのマイナスモールド用のパイプを引く。


パイプの直径(外径)に合わせて、
上腕パーツを丸くカット。


とりあえずこんな感じ。

キミは、生き延びることができるか
  1. 2009/01/15(木) 21:03:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

Arm_007

毎度、今年も明けました。

年末~年始は大掃除に追われて、
結局ほとんど一歩も外出せずに終了って感じ。

本日は今年初の外回り。
挨拶に回ったり、細々したもの買ったり、

年末に出てたっぽい本も迷わず大人買いしたり。
DX超合金のVF-25は売り切れ・・・残念。


肩関節が完成したので、続いて上腕を。
いつも通りの箱組みを・・・


インナーフレームにこんな感じで被せる。
肩関節からのヒネリと肘関節の可動を結ぶ重要なパーツで、
肘のマイナスモールドと肘関節の位置合わせとかが肝。


各箇所のサイズをチェックしたら、
肘のマイナスモールド取り付け部分の絞り加工を。
角の切れ込みにあわせて変形後、


ロウ付け。


スリ出して形状を出す。

昨日の「プロフェッショナル」のへら絞り職人、スゲー。
昔、同僚がジョージジェンセンで銀製品(花瓶とか)を
厚さ4mmとかの銀板を絞って作ってたのを思い出した。
やっぱりプレスで出来ない物ってまだまだあるんだなぁとしみじみ。

火曜深夜枠の「ワンナウツ」が面白い。
「アカギ」「カイジ」と同じく、
人間の心理描写を深く描くストーリは、見てて超ドキドキだよ。
毎話の主人公の頭脳を駆使した見せ場がすばらしい。

んで、油断してたら「一歩」も再開じゃないか!
いいねぇ~、火曜深夜。

キミは、生き延びることができるか
  1. 2009/01/07(水) 19:39:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Arm_006

肩関節の形状を煮詰める。


ショルダーアーマーに干渉しないように
切れ込みを入れて、内側へ折り曲げる。


ヤスって面を出す。


可動テスト。
ボディー側の軸へ接続。


腕を下ろした状態から・・・


ググッっと・・・


ちゃんと上がるのだ。

次回から上腕へ取り掛かる所存。


コメント返し。
結局、中学時代はナイコンだったんだけど、
高校の時に親に買ってもらった。
今の物欲って結局は仕事の延長だったりするけど、
あの時のマイコンに対する情熱(物欲含む)は、
今以上だったと思う。
ベーシックはほぼマスターしていたので、
毎日プログラムを組んでは、「ベーマガ」に投稿してました。
当時のマシンはX1ターボ。
5インチフロッピーはまだまだ高かったので、
セーブはもっぱらカセットでした。

X68000のツタンカーメンのCMには腰を抜かしたなぁ。

キミは、生き延びることができるか


  1. 2008/12/22(月) 21:20:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

Arm_005

毎度。コチラの更新もお久しぶり。
本職の方も本年度の目処がつき、
無事に年を越せそうな今日この頃。

先日、ネットで「苦渋のナイコン時代」ってのを読んだ。
もう、超懐かしくなって記憶が20年ほど巻き戻った感じ。
まだ、「パソコン」(パーソナルコンピュータ)という言葉が浸透してなかった次代、
「コンピュータ」は「マイコン」(マイコンピュータ)と呼ばれてたんだよね。
その「マイコン」を持っていない少年達のことを、
「ナイコン」と呼んでいたわけ。
オレも中学生の3年間は、脳内のエアー・マイコンを友とする
「ナイコン」族だった。主な購買雑誌は「I/O」や「ベーマガ」。
視聴番組は小倉智昭の「パソコンサンデー」
もちろん、A4のノート見開きに
エンピツでキーボード配列を書いて覚えたり、
隣町のJoshin電気のパソコンフロアで、
覚えたBASICのコマンドを打ち込んで実働確認してたのもこの頃。

今の生活に当時の経験が大きく生かされてるとは言いがたいけど、
少なくともhtmlやFlashのスクリプトを勉強し始めた時に、
意外とすんなり入れたのはやっぱり当時の経験かも・・・と、
遠い目で当時をしみじみと振り返ってみた。



肩ケースの中に、関節パーツを差し込めるように、
底を開口。


ボディーからの関節軸に干渉しないよう、
脇周りも開口。切り口は面取りしておく。


肩ケースの中に、ポリパーツを一旦外した関節を差し込んで
ロウ付け。


とりあえずメカ部分だけは完成。
これから形状を煮詰めていく予定。

キミは、生き延びることができるか

  1. 2008/12/15(月) 17:38:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

Arm_004

毎度。

家族内感染でカゼに見舞われてる今日この頃、
皆さんいかがお過ごし?
12月に入りました。今年もあとわずかッス。

銀ガンも、年内完成なんて全然ムリとしても
毎日少しずつでも前進しようと奮闘中。
さて、完成したインナーフレームに外装を取り付けていく。


肩関節。
ショルダーアーマーに干渉しないよう、
可動範囲も考えた大きさの箱を作る。


いつもどおりの箱組み。


一応、ロウ目を気にして、フタは内部に来るように。
フタ周りがスジ彫りっぽく見えるように面取りをしておく。


ロウ付け中。

キミは、生き延びることができるか
  1. 2008/12/02(火) 17:32:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Arm_003

毎度。
腕のインナーフレームの完成。


下腕に続いて、上腕に取り掛かる。


上下の腕のフレーム完成。


関節部分にポリパーツを装着。
試しに手も取り付けてみて可動範囲のチェック。
ちなみにこの「手」部分、銀で作ることを考えると結構憂鬱。
どないして作ろっか?


肩関節と腕関節を繋ぐz軸の回転関節も急遽制作して、
結構可動範囲は稼げたと思う。

次から肩から下腕へかけての外側の装甲に取り掛かる。
肘は外装に干渉させられないので
それからということになるかな。

毎年に向けて、この時期はさすがに忙しくなるんだけど、
CADも触れないし、プラモも出来ない。
今のところ、新しく買うデジカメのレンズ選択だけが
心の支えな今日この頃。

キミは、生き延びることができるか
  1. 2008/11/23(日) 10:03:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

Arm_002

毎度。

腕の制作開始。
インナーフレームから。


必要な大きさにカットして部品を揃える。


いつも通り曲げたりして・・・


ロウ付け。


引き続きロウ付け。


ひじ関節から先のパーツ。この後、手首を作ってく。


先週、法事の為実家に帰省した際、
蔵に置き去りにしていた私物の整理をした。
ま、結局捨てるには惜し過ぎる物ばかりなので
整理なんて出来なかったんだけど。


んで、出てきた懐かしい写真。
湿気?の為か、損傷著しかったけど、
感傷に浸るには十分の色彩。

若気の至り。
美大時代、課題に追われて寝不足のままバイトに行った帰り道、
居眠り運転で4m下の川にダイブ。
運悪く、川幅と車幅が同じだったのでドアから脱出出来ず。
車道から脱線して畑を突っ切って川に転落したから
フレームもひしゃげていた為にハッチバックも開かず。
ガソリン臭漂う車中から無事にプリズンブレイクさせてくれた
サンルーフに感謝する1枚。


↑コレに乗りたくって
門真の運転試験場に足繁く通った回数、計3回。
懐かしいねぇ~。ブルーカタナ首都高キング仕様機。
ま、オレは阪神高速を走っていたわけだけど・・・
子供の頃からこのデザインに憧れて、
限定解除後に速攻で買ったんだけど、
初めてイグニッションキーを回した時なんか、さすがに感無量で
涙をこらえながら運転していたのは今でも鮮明に覚えてるなぁ~

今はプジョーのモペットで茶を濁してるけど、
友人のドゥカティーを見てると、
またデカいの乗りたくなる。
トライアンフのスピードトリプル、
旧車ならボアアップしたノートンマンクス公道仕様を希望。

キミは、生き延びることができるか
  1. 2008/11/15(土) 13:26:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

Arm_001

毎度。
寒くなりましたなぁ・・・

さすがにこの時期は忙しくって
なかなかコッチまで手が回らない今日この頃。


腕はこんな感じで骨組みを作って、
外装は後から装着させる戦法。


これでは腕を前後に振れても、
ひねることは出来ないので
もうひとつ回転軸を設けると思う。


地金だけは用意出来た。

明日、38を迎える。
白髪、増えたな・・・

キミは、生き延びることができるか

  1. 2008/11/11(火) 15:27:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
胸部 (37)
その他 (29)
コアファイター (22)
GUNDAM (10)
肩 (8)
頭部 (16)
脚部 (90)
腰 (19)
腕 (14)
手 (6)
Foot (1)
back_pack (7)
ビームライフル (4)
シールド (5)

プロフィール

ぜんまい軍曹

Author:ぜんまい軍曹

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。