ぜんまい軍曹の銀で作るガンダム制作戦記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ユニコーン

ヘッドパーツのキャスト待ち中に小ネタでも。


雑誌連載はあえて読まず、
単行本で一気読みしたいので1/2巻まとめて購入。
今のところまだ登場してないけど、「シナンジュ」がカッコイイ。
主役機も12月にMG化されるとのことらしいので期待大。

雨のFISCO・・・、じゃなかった、FUJI日本GP、荒れに荒れたね。
最後のマッサとクビサのバトルが一番の見所だった。
フェラーリさえ勝ってくれれば、僕はそれでヨシです。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/30(日) 15:51:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GUNDAM(0113)

先日からフェイスパーツのWAX取りを行っていました。


調子に乗ってこんなに取っちゃった。量産ジムじゃあるまいし・・・


↑ロストワックス用のカーヴィングWAXを直接シリコン型に流し込んだ物。
WAXが硬いのか、ややモールドが甘い。


インジェクション用WAXではこんな感じ。
さすが専用WAX。細かなところまでキッチリ再現されてる。


紫も同じインジェクション用WAX。これもなかなか良い。


でもやっぱりコレかな。
さぁ、今週キャストに出します。
無事に上がってくるかな・・・

今回のフェイスパーツの型取りには模型用のシリコンを使いました。
いつも仕事で使っている物と違い、
10個くらいWAXを抜いたら破れると思ったけど、
思ったより耐久性があって、結構使えることを再認識した。
昔使ってたshinetsuの硬いシリコーン、まだ使えるかな?
  1. 2007/09/27(木) 00:09:43|
  2. 頭部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GUNDAM(0112)

シリコーンで型取り開始。


頬のスジ彫りを行って、


原型完成。


アルミ枠内に納めて、


気泡に注意しながらシリコーンを流し込む。


どんどん流し込む。


固まって原型を抜き出したら完成。


そこにWAXを流し込んで・・・


ハイ、できあがり~


おお~、いいんじゃないの?
テストショットはなかなかの出来。
いろいろWAXの種類を変えてインジェクションしてみます。

型取り関係はミラノのスカラ座に勤務していた時に一通り経験済みだし、
模型作っていた時にキャストも良くこなしていたので、
久しぶりだったけど、特に問題なかった。結構ウデが覚えているもんだね。

以下、スカラ座時代の仕事から抜粋。


「眠れる森の美女」から。
粘土で原型を作って、石膏で凹型を制作後、
発泡ウレタンで型取り中。


全貌。 城の正面門になる。


石膏から引き剥がして・・・


着色して完成。

続いて、

「Mefistofele」から。
ナイフとサンドペーパー使って、発砲スチロールで原型制作。


石膏で固めて・・・


乾燥後、原型を抜き出す。
時間かけた原型を壊すのは心が痛む。


凹型内部にFRPを貼り付けていく作業。


こんな感じ。
どさくさに紛れて、数回に及ぶ日伊往復で
壊れたスーツケースもこの時直した。


凹型を壊せば中からFRP製凸パーツが出てくる。


表面を研磨したら、バキュームフォームへ。


↑模型作る人なら誰でも知ってるバキュームフォーム。




FRPの原型をセットして


バキューム中。


終了~


↑コレ、畳一畳分くらいの大きさ。


使用数が少ないのはFRPをそのまま使う。


完成した全てのパーツを組立て中。


デ、デカい!


ちなみにその他、毎日こんな物を作ってました。
いやぁ~、あの時は楽しかったな・・・
本当は舞台背景の絵描きになりたくて渡伊したんだけど、
立体物の魅力に魅せられて、彫刻に転向して良かった。
今の仕事にも多少なりとも役立ってるしね。
  1. 2007/09/24(月) 14:10:00|
  2. 頭部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

GUNDAM(0111)

型取りの為の準備を・・・


プラパーツ内部へのWAXの進入を防ぐ為に
エポパテで裏打ちをした。
乾燥後、面出しして週末に型取り開始予定。
  1. 2007/09/21(金) 20:42:20|
  2. 頭部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GUNDAM(0110)

フェイス部を作ってみる。


適当に切り出したフェイスパーツをヘルメットに差しこんでみる。


こんな感じで・・・


何コレ? ウォーズマン?全然ダメじゃん。 
フェイス部分は細かい面が入り組んでてかなり面倒くさい。
ということで・・・


試しにプラパーツを差してみたら、結構いい感じ。


WAXで作るのはあっさりヤめて、コレでいくことにした。


次回からシリコンで型取りでもしてみるつもり。
  1. 2007/09/20(木) 21:54:29|
  2. 頭部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GUNDAM(0109)

ヘルメット上部を制作。


前頭葉・・・、リーゼントですか?


メインカメラを装着。


ガンダムっぽくなってきた。
メインカメラは少し大きめに設定。
だってその方がカッコイイから。


アンテナを付けたらこんな感じ。
普段、毎日ガンダムの顔は見るものの、
こうやってわざわざ「作る」のは初めてなので
その面の構成の複雑さに驚いた。
まだまだ煮詰めないと・・・
  1. 2007/09/18(火) 09:12:03|
  2. 頭部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GUNDAM(0108)

ヘルメットパーツ進行中。




大まかに削りだしたところ。
直線、曲線、平面、曲面が同居してるので
なかなかバランス取りが難しい。


頬周辺に取り掛かる。


G-3を横に置いてみてバランスチェック。
このWAXはシルバーでキャスト後、
ゴム型とって複製作るので少し小さくなる。
その分を見越して大きめに作るんだけど、
まだまだ大きいし、面も分厚い。
でも、この辺で少し寝かして、
次は前頭葉~トサカに取り掛かります。
  1. 2007/09/16(日) 10:51:59|
  2. 頭部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GUNDAM(0107)


足一本作っただけでもう飽きちゃった・・・
だから、次は頭でも作る。 
左からPG(1/100に縮小)、カトガン、G3、キャスバル、PG。
特にコレという希望の顔つきはないので、
なんとなくそれらしい顔を目指して作ってく。


WAXの塊を用意して、


先に軸受けをロウ付けする台を貫通させておく。
って、ムリに差し込んでいたらヒビ入った。
ちょっと気になるけど、先に進めることにします。
  1. 2007/09/13(木) 00:15:00|
  2. 頭部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GUNDAM(0106)

台風は無事に通り過ぎ去ったものの、
仕事場入り口のワイヤレスインターフォンに大量の雨水がかかったのか
全く動作しないようになり、昨日は復旧作業をしてた。
とりあえず分解して、浸水した基盤を乾燥させて、
錆びでコチコチになった配線を取替えしてハンダ付け。
デカい炎でロウ付けすのに慣れているから、
チマチマ行うハンダ付けにヤキモキした週末。


本番に向けて、注意する問題点などを・・・


股関節ボールジョイントを差し込むのに苦労した為、
この部分の四角い開口部は少し大きめに開けるか、
狭い開口部でも楽にボールジョイントを差し込める工夫をしないと。


今回は構わなかったけど、
本番ではポリパーツを隠すことも考えないと。あと、軸受けは平行に。


足首回りのポリキャップの処理も同様。


今回の一番の大失敗。
サスの取り付け位置が全然ダメ。
スネパーツに干渉してサス自体を取り付けれないので、
ここら辺も再考必要。


イェ~イ

  1. 2007/09/10(月) 00:37:39|
  2. 脚部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GUNDAM(0105)

台風の勢力もやや収まった感じ?
二年前の台風で仕事場のシャッターが吹っ飛ばされたので、
今朝、シャッターを見るのが少し怖かった。
仕事場内の機材は全て床から50センチ程度の高さに設置してあるので、
万が一浸水してもある程度は防げるんだけど、
肝心のシャッターが壊れたら、仕事場に入ることが出来ないからね。

大腿部の完成へ。


股関節の軸受けを先にロウ付けしておいて、


ひざパーツと同じく、パイプを挟んでロウ付け。
ヒザ関節の軸もこの時に挟んでおく。


完成。


余分個所をスり落として、ようやく組立て。
当初はヒザの二重関節を目論んでいた。
でも、プラモを完成させても、ガチャガチャ動かして遊んだりするわけではなく、
そのほとんどが放置プレイ状態。
コレもそうなる運命になるだろうし、何よりテスト制作でそこまで時間もかけれないので
普通の関節にした。 本番も多分1重関節になる予定。


↑プロポーションチェック。 キャスガンに取り付けてみた。
今回は一番太くなるふくらはぎ部に合わせて
地金を用意した為、スネがややヤボったくなり、
結果的に足の甲とかゲタ部分の印象がやや希薄になってしまった。


↑股関節~ヒザ~足首の関節は結構硬い。ちゃんと自立する。
こうしてみると、流石に重厚。でもこの時点で既に89g。(足のみ)
手にしたら、結構ずっしりと重たい感じなんだけど、
完成した暁には一体どうなるんだろ?

パヴァロッティ亡くなったね。
20代の頃、イタリアでオペラの仕事に従事していた頃を思い出した。
ご冥福をお祈り申し上げます。
  1. 2007/09/07(金) 08:39:00|
  2. 脚部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GUNDAM(0104)

スネパーツの完成に向けて。


ヒザ関節の軸受けを作る。
負荷がかかる場所なので、
4mm軸のポリキャップを使用。




それと先日作った↑これらを、
スネパーツで挟み込んでロウ付け。


↑ロウ付け開始。


↑最近、火を使いながらの撮影は、三脚を使用するようになったので
相変わらずレンズは熱くなるものの、ロウ付けに集中出来るようになった。


↑猛火に焼かれるヒザパーツ。
だが、ルナ・チタニウム合金は熱に強いのだ。


ロウ付け完了直後。




酸で洗って洗浄。


↑余分な個所をカットしてヤスって面を出した後、
ようやく足パーツを接続。


↑ちゃんと立った。


↑もうすっかり全身完成した気分。

  1. 2007/09/04(火) 08:56:27|
  2. 脚部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GUNDAM(0103)

ようやく涼しくなった。
エアコンなしで過ごせるようになったけど、
地金を溶解すると、室温が一気に上がる。
なんだかんだ、汗まみれの今日この頃。


↑先日完成した足に、


↑スネ部分を接続させたいので、スネの作業に取り掛かる。
左右の真鍮版を繋ぐ為の軸を作る。


↑3.0mmの真鍮パイプを輪切り。


↑銀棒を差し込んでロウ付け。
これらでスネ、モモパーツの真鍮板で繋ぐ。


次に、足首のボール部分を作る。
丁度MG-νガンの足首みたいなヤツ。


ボールジョイントのボール部分の径は6mmでないとダメだ。
量販店ではBB弾に悪用されるとのことから
6mmメタル/真鍮ボールは扱ってない。
だから、6mmオーバーの物を6mmまで削ることに。


ボールに軸をロウ付けしてチャックに固定。


↑こんなヤツで削っていく。


こういう感じ。



6mmパラ弾完成。
左が6mmまでサイズダウンした物。
ロウ付けしてある軸は、
そのままスネパーツへの接続に使用する。
  1. 2007/09/02(日) 09:57:00|
  2. 脚部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
胸部 (37)
その他 (29)
コアファイター (22)
GUNDAM (10)
肩 (8)
頭部 (16)
脚部 (90)
腰 (19)
腕 (14)
手 (6)
Foot (1)
back_pack (7)
ビームライフル (4)
シールド (5)

プロフィール

ぜんまい軍曹

Author:ぜんまい軍曹

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。