ぜんまい軍曹の銀で作るガンダム制作戦記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FF-X7_010

前回記事のままだとキャノピーを引っ張り出した時に
機首がスッポ抜けるので、そこら辺の処理を。


機首を納めるボディー内にツメの引っかかり部分を作る。
こんな感じに板材をロウ付け。
この後、真中部分は切断する。


んで、機首後方にツメを付ける。


機首を納めた状態。
見えやすいように一時的にキャノピーは外してます。


機首を引っ張り出した状態。
コレでスッポ抜けが解消された・・・多分。

ここ数日テレビで放映された映画とか。
「ローレライ」。
昔、ハードカバー版の表装が素敵だったので購入。2日で読破。
「このミス(このミステリーがすごい!)」2位ってのは、後で知った。
1位だと思ったのになぁ。

映画の内容は、既にアチコチで語られてるので割愛するけど、
残念なのは、映画タイトルと、ラストシーン。
「ローレライ」でなく、「終戦のローレライ」の方が吉。
そして原作の感動的な日南海岸でのラストシーンが
差し替えられていたのが何とも無念。

「武士の1分」。
山田洋次時代劇三部作制覇したけど、どもれ甲乙つけがたい出来。
が、やっぱり「たそがれ清兵衛」かな。不朽の名作。
山田洋次やっぱりすげぇや。

「メジャー」。映画ではないけど・・・
原作はあえて読まず、アニメで。
毎回テンポ良く話しが進むし、
典型的なスポ魂ストーリーとしての期待も裏切らない。
年が明けたら第4シリーズ開始。心震える熱いセリフが超楽しみ。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/31(月) 01:37:05|
  2. コアファイター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FF-X7_009

引き続き機首周り。


機首下部のダクトを板材でこんな感じで準備して、


こんな感じに。


続いて機首~垂直尾翼へつながる「背びれ」の基部を
こんな感じでロウ付け。
ロウ付け後に「く」の字に曲げた下半分は除去する。


といわけでこんな感じ。


キャノピーを引っ込める。
ルーフを始めとして、まだアチコチ肉厚だけど、
全て組み立てたら、もう少しシャープにする。



↑動きはこんな感じ。
まだ、キャノピー後方に爪をつけていないので
引き出すときに注意しないとスッポぬけちゃう。
  1. 2007/12/28(金) 09:56:00|
  2. コアファイター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ユニコーン3巻

毎度。
クリスマス、なぜかクスクスを食べる。
食べすぎで体が重い・・・


HJ立ち読みに行ったらUC3巻が出てたので購入。
年末年始に一気読みの予定。
シナンジュいいねぇ。

ユニコーンの作例を見たけど、
変身時のギミックがすごい。
「一角を真中で割って・・・」・、金属に慣れてるので絶対パーツ折りそう。
  1. 2007/12/25(火) 18:57:20|
  2. GUNDAM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FF-X7_008

引き続きコアファイター。


前回作ったフード後方。
機種後方部分を塞ぐために、
さらに手を入れてフタをロウ付け。


んで、再び瞬着で仮組み。
なんかパッと見、先日ロールアウトされたMGユニコーンの膝みたい。


パカッ! 往年のセリカ・リフトバック。
  1. 2007/12/22(土) 10:46:29|
  2. コアファイター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FF-X7_007

毎度。
仕事柄、クリスマス直前までは忙しいんだけど、
時間作ってはチョコチョコ作ってます。

引き続きコアファイターのキャノピー付近の制作。


キャノピー直上のフード。
いつも通り板材の曲げ。


後ろ半分を一旦切断。


簡易的な蝶番を取り付ける。


↑独自設定。
機首は飛行形体時にボディーから前方に引き出されるため、
そのスライドのメカ部分を仕込むべく、開閉出来るようにした。
  1. 2007/12/18(火) 09:54:25|
  2. コアファイター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FF-X7_006

機首は大体の形が出来たので
続いてキャノピーでも。


溶解直後の銀のインゴット。
約10g。


四角柱にヤスる。


機器とガラス面の分割ラインを決めて、
各面をひたすらヤスる。


微調整して完成。


先に作った機首部分に瞬着で仮留め。
おお、なんかコアファイターだよ~

この時点で既に結構な重さ・・・。やや不安。
  1. 2007/12/14(金) 08:54:14|
  2. コアファイター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FF-X7_005

あんまり作業は進んでませんが・・・


機首下部を塞ぐ。


余白部分をスリ落としてこんな感じに。
  1. 2007/12/13(木) 00:05:05|
  2. コアファイター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FF-X7_004

突然だけど、本職の方で展示会をすることに。
ココを見てくれている人の大多数は多分興味ナシな分野かと。
でも、一応告知を。

自分で勝手に始めたガンダム制作だけど、
当初、もしかしたら今回の展示会にガンダムも間に合うかも・・・
って思ってたけど、思った以上に時間がかかり、
残念ながら今回は展示できず。
でも、せっかくになので開催時までに完成したところまでは
何とか展示しようと思ってます。
それまでにせめてコアファイターくらい間に合わせないと・・・
本職サイトはコチラ
展示会詳細はコチラ


↑前回記事の写真から。まず機首周りから制作を始めることに。


コアブロックへの変形時に、機首は後ろへスライドして、
ボディーへ格納されるので、今からサイズには気を配る。


機首先端部分。箱状にしてから切れ込みを入れて
両サイドを絞ってロウ付け。


ロウ付けして先端がとがった機首(右)と、
その機首を支える根っこ部分。(左)
いつも通り、すべて箱組み。


瞬着で仮組み。

←ますますのモチベーション維持にご協力を~
  1. 2007/12/09(日) 00:16:01|
  2. コアファイター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

FF-X7_003

今朝も寒いですな。

作ったコアファイターのデータを使って、
ちょっと変形シーケンスでも作ってみた。


↑動きはこんな感じ。
一部背びれが機首にめり込んでるけど気にしない。


続いて合体はこうなる。

ブロックに変形したコアファイターの上下に上下半身が迫ってきて、


ググっと、挟み込み・・・


ガッシーン!! 

というわけで、先にボディーを作ってしまって、
いざ、コアファイターを作ったら「大きすぎて入りませんでした」
ってことになるとヤだから、先にコアファイター作って、
それに合わせてボディー作ろうと。


昔はこんなことしてました。



↑パーツ制作開始。
  1. 2007/12/06(木) 08:32:00|
  2. コアファイター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FF-X7_002

毎度。
この時期、結構バタバタ忙しく、
本当はこんなことしてる場合じゃなかったりすんだけど・・・


ちょっとアニメ調にレンダリングしてみた。
後ろにブースターを接続すればコアーブースターに。
「マルマルロク、発進どうぞ!」
「マルマルロク、行きます!」ってな具合。


制作の際のパーツ分割はこんな感じの予定。


少し色調変えてレンダリング。


背景が黒だと、宇宙を駈けてるように見える。


ということで、ア・バオア・クーに浮遊するアムロ機をイボルブ風に。
バ、バーニアがない・・・


X-29ばりに前進翼+カナード装着。


「サキ・・・、ミッキー・・・、キム・・・、みんな、俺は戻ってきたぞ!!」

シンの機体にも、アムロ機にも、
やっぱりエースにユニコーンは似合う。
  1. 2007/12/04(火) 15:08:00|
  2. コアファイター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FF-X7_001

今回からコアファイターの型番をタイトルに。


結局ボディーを先に作らないと、
それに繋がるパーツも先に進まないことが分かった。


というわけで、コアファイターを先に作ってしまう。
このコアファイターは通常運用時は戦闘機として、
MS戦闘時には変形し、「核」となりMSの胴体内部に収納され
コクピットになる仕組み。出来れば再現したい。

幼い頃から慣れ親しんだ・・・、と思っていたこの機体、
こんな機会がないとマジマジを見ることもなかったわけだけど、
作るとなれば、小さい体のクセにギミック満載でちょっとたじろぐ。
今回は一応図面・・・みたいなのを作って、頭を整理してみる。


機首付近からキャノピー。


機首根っこ部分。変形時には機首がスライドして、ここに納まる。


背びれから垂直尾翼。変形時には前方へスライドし、
ボディー内部に収納される。


ボディーをざっくりと。


一応、ランディングギアも。

CGではプロポーションの再現までは行ってないけど、
まぁ、こんな感じ。
普通に作るだけならまだしも、変形なんかさせられるかな・・・
  1. 2007/12/03(月) 10:53:48|
  2. コアファイター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GUNDAM(0131)

肩関節軸を通す為のパイプ制作。


幅15mmに整えた地金を用意して


丸めていく。


先端は尖らせておく。


ざっくりこんな感じ。


続いて「線引き板」。
丸線、丸棒を作る為の工具。
地金を力任せに穴の中を通して目的のサイズの丸線/丸棒にしてくためのもの。
結構必需品。 サイズや形違いで沢山持ってる。


これが線引き機。
これにさっきの線引き板をセットして、


先ほど尖らした地金の先端部分を裏から通す。


エンマ(プライヤーの化け物みたいなヤツ)で摘んで、


ペダルを回せば、チェーンが動き、
それに連動してエンマが後ろに送られて地金を引っ張ってくれて・・・


こんな感じに、


グググっと、


ハイ、終了。
さらに小さい穴の径に移動して、この作業を繰り返して目的の径を狙う。
この方法だと10mm以上の丸棒からコンマ数ミリ難なく引ける。
線引き機がなければ背筋力で引かなくてはならないのでかなり難儀。

出来合いの地金を買う余裕なんてないので
コレで材料は全て自作するわけ。
死ぬ思いでイタリアから担いで持って帰って来た。

と、ここまで作業して大事なことに気付いた。
今、作ってるパイプには肩関節軸が通る。
と言うことは軸の径を決めないといけない。
プラモの肩関節軸は4mmだったけど、
はたして4mmで耐えうるのかどうか今のところまだ分かんない。

ということで、作業は一旦中断。




いきなりだけど、コアファイター。
出来れば完全変形。







  1. 2007/12/02(日) 00:39:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
胸部 (37)
その他 (29)
コアファイター (22)
GUNDAM (10)
肩 (8)
頭部 (16)
脚部 (90)
腰 (19)
腕 (14)
手 (6)
Foot (1)
back_pack (7)
ビームライフル (4)
シールド (5)

プロフィール

ぜんまい軍曹

Author:ぜんまい軍曹

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。